クライオセラピーとは

クライオセラピー(Cryotherapy)

クライオセラピー(Cryotherapy)は世界のトップアスリートやハリウッドスターたちの間で活用されている全身性低温療法(Whole Body Cryotherapy:WBC)です。
クライオセラピー(Cryotherapy)とは、冷やす「Cryo」と療法「Therapy」という二つの言葉から成り立っており、日本語に直訳すると「冷却療法」になります。
このクライオセラピーには、液体窒素を利用した-120℃から-196℃の超低温のマシーン内に2分から3分間入り、全身を冷却し回復を高める「クライオセラピー」と、-130℃から-150℃の液体窒素で顔や気になる部分を冷やす「クライオスポット」があります。
当サロンは、一般財団法人「日本クライオ療法推進協会」に加盟しており、当協会で教育を受けた有資格者クライオセラピストによるクライオセラピーを提供しています。
日本でもトップアスリートやモデルをはじめ利用が拡がりつつあるクライオセラピーをGINZA ℃RYOでご体感ください。

Important thing
クライオセラピーのポイント

正しく液体窒素を用いているクライオセラピーは、一酸化窒素(NO)を発生させます。
一酸化窒素(NO)は、血管拡張物質と呼ばれており、一酸化窒素が不足すると血管が硬くなります。一酸化窒素は、運動によって比較的簡単に発生させる事ができますが、1日30分以上のジョキングなどの軽い運動が必要です。一酸化窒素が十分に発生すると血管をやわからい状態に保ち続けることができるのです。
血管は、内側から内膜、中膜、外膜の3層に分かれており、一酸化窒素の血液拡張作用は、中膜を緩めることに作用し、それにより、血流が増加するというメカニズムです。
クライオセラピーは、冷却をする事と思っている方も多いですが、正しくは、液体窒素を使用して冷やさないと肝心な一酸化窒素(NO)が発生しないため、皮膚表面の血管が拡張し、老廃物の排泄や血流を改善する効果が期待できませんので、ご注意ください。

クライオセラピーの効果と仕組み

冷却療法

クライオセラピー(cryotherapy)とは、冷やすという言葉のcryoと療法のtherapyの二つの言葉からできた言葉で、日本語に直訳すると「冷却療法」になります。
冷やす療法というと、多くの方は湿布をイメージすると思いますが、その他にも、氷や氷水など様々な冷却材を使用して冷やしたり、スポーツ選手などが利用しているクライオシャワーなどのマシーンもあります。

冷却時間と方法

冷却時間はどのくらいが良いのかということに関して、実は諸説ありますが、一般的に15分から20分程度が良いと言われています。冷却方法については、病院・接骨院などで行う場合は、冷却治療器、アイスパック、アイシングマッサージなどを使用します。自宅で行う場合は、ビニール袋に氷を入れて患部を冷やしたり、保冷剤などで冷やしたりするのが簡単です。
また、世界のトップアスリートなどが使用することが多いクライオセラピーは、液体窒素を利用して、-120℃-196℃程度の超低温状態になったキャビン内に入って身体全体を急速に冷やします。クライオシャワーの中に入っている時間は、2~3分間程度です。なお、心臓や高血圧、脳の血管に疾患がある場合は使用を控えたほうが良いでしょう。

Benefits
さまざまな効果

icing
recovery
aging-care
diet
relax
skin

こんな人におすすめ

アイシング・リカバリー

  • スポーツ全般の炎症で身体の痛みでお悩みの方
  • 免疫をあげたい方
  • 疲労が中々抜けない方
  • 目が疲れている方
  • 整形後のダウンタイムを早めたい方

美肌・エイジングケア

  • 身体の内面から美しくなりたい方
  • ナチュラルアンチエイジングをしたい方
  • 肌荒れ・アトピー・皮膚炎でお悩みの方
  • シミ・しわ・たるみでお悩みの方
  • 乾燥肌の方

リラックス

  • 気分をリフレッシュしたい方
  • 不眠症・睡眠の質を上げたい方
  • 精神的に落ち込みがちの方
  • やる気やモチベーションをあげたい方
  • ストレス発散したい方

その他の効能

  • 減量・ウエイトコントロールをしたい方
  • 浮腫みを取りたい方
  • 不妊でお悩みの方
  • EDでお悩みの方
  • 薄毛(AGA)でお悩みの方
  • 便秘でお悩みの方
  • ジェットラグ改善